滑舌、発声と改善し、肩こり腰痛、咬み合せの専門ページのタイトル画像


かみ合わせ治療の実際

1.治療前の前準備 約1時間 <1回目の治療日>

診断および検査

  1. 患者さんが実際に感じている不調について不定愁訴表に書き込んでいただきます。
  2. 口の中の型取り:これで、どこに障害があるのか、どうすればよくなるのかを術前に診断します。
  3. 口腔内写真による記録:まずはお口のなかの隅々まで写真にて記録をします。
  4. 開口時の距離の測定:治療前の開口状況を検査します。
  5. 検査結果を元に、治療方針などをご説明いたします。
かみ合わせ治療の診断および検査 かみ合わせ治療の診断および検査 かみ合わせ治療の診断および検査

(発声・滑舌改善治療の方のみ)

音声録音:定型文を読んでもらい、それを記録します。滑舌の悪いところをチェックします苦手なセリフや歌がある場合は、ご自身でお持ちください。

2. 治療(咬合調整) 約1時間 <1回目の治療日>

かみ合わせ治療

治療

3. 術後検査 約1時間 <1回目の治療日>

検査

  1. 術後の口の中の型取り:口腔内の術後の状態を歯形を採取して記録いたします。
  2. 口腔内写真による記録:術後のお口のなかの隅々まで写真にて記録をします。
  3. 開口時の距離の測定:治療前の開口状況を検査します。
  4. 治療後の状態の確認、説明を行います。

(発声・滑舌改善治療の方のみ)

音声録音:治療後にも定型文を読んでもらい、それを記録します。また、10分間のフリートークをおこない、滑舌が良くなったところをチェックします。

>>> 2回目の治療日 約1時間

1回目治療後、もっと良くしたいと思われるところを、ピンポイントで治療していきます。

(発声・滑舌改善治療の方のみ)

術前と術後の音声の変化を録音したCDをお渡しします。

>>> 3回目の治療日 約1時間

かみ合わせ治療 術後の分析結果

2回目治療後、もっと良くしたいと思われるところを、ピンポイントで治療していきます。


(発声・滑舌改善治療の方のみ)

術前と術後の声紋(ソナグラム)等を、専門家が詳細に分析した分析結果をお渡しします。