ホワイトニング審美プラス奥歯インプラント3本の症例

芸術的セラミック こだわりのセラミックについて

当センター、医療法人安藤歯科クリニックは 以前より調和のとれた審美、
特に笑顔の美しさに焦点を当ててセラミックを製作してまいりました。

ADCの審美歯科をご参照ください

その20年にもわたって培ってきた技術を、インプラントの上部構造にも導入しております。まずは実際の症例をご覧ください。

左下2本の症例

前歯3本と奥歯のインプラントの症例

総入れ歯の場合上顎インプラント8本下顎4本の症例

ホワイトニング奥歯4本前歯1本の症例
ホワイトニング審美プラス奥歯インプラント3本の症例

ホワイトニング審美プラス奥歯インプラント3本の症例
難症例のケース ホワイトニング審美プラス奥歯インプラント3本のケース
患者さんは30代、女性です。
症例写真 症例写真 症例写真
術前の初診時の状態です。
症例写真 全体に金属がたくさん入っていて、口の中が暗く感じます。
また、歯の黄ばみも本人が気になるところです。
笑った口元の写真です。
この方は性格もよく、美人でもあるのですが、口元がこれではかなり見栄えが下がってしまいます。
出過ぎている歯も"品"をおとしてしまってます。
絶対口元もお顔に負けないように、美しく演出しようとおもいました。
が、問題がひとつありました。
症例写真 症例写真
右下の奥歯2本が、歯のまわりの骨が溶けてしまっているのです。
症例写真
症例写真
方針は、まず右下の骨の溶けている歯2本をまず抜歯。
そのまわりをきれいにお掃除して、骨の再生を待つ。
その間に左下の1本のインプラント植立(埋入)。
天然の歯のホワイトニング。
ホワイトニング終了後、奥歯のセラミック作製。
最後に右下のインプラント2本植立(埋入)。
と、計画いたしました。
症例写真 症例写真
6ヵ月後の骨の状態です(矢印)。
骨が再生したのが皆さんにもお解かりいただけると思います。
満を持して、右下のインプラントオペを行いました。
オペはいつものように最小切開にて行い、終了後糸で縫合致しました。
症例写真 次の日の状態です。
腫れ、痛みは全くありません。
症例写真 セットの前の状態
症例写真 症例写真
セット後です。
症例写真 症例写真 症例写真
症例写真 症例写真 症例写真
完成後8ヶ月が経っています。とても美しい状態を保っています。
ちなみに治療前と比べてみて下さい。
お口の中全体の明るさ、上品さが全く違います。
症例写真 症例写真
完笑顔も治療前と治療後では"上品さ"が全然違います。
患者さんもとても喜んでくださり、我々も心から満足できた症例です。

インプラント

対談・連載中

  
  

当院をご推薦いただいております

患者様

歯科界

天羽 明惠

ソプラノ歌手

田渕 久美子

NHK大河ドラマ
「篤姫」「江 姫たちの戦国」脚本家

魚谷 雅彦

株式会社 資生堂 代表取締役

望月 俊孝

宝地図ナビゲーター
レイキティーチャー

中原 英臣先生

新渡戸文化短期大学
学長/医学博士

明田 征洋

カルビーポテト株式会社
前代表取締役 会長

咬合音声治療のご紹介