一般歯科

虫歯治療

虫歯の進行


C1の状態で治療すればほとんど痛みもなく少ない回数で治療を終えることができます。

削る量を最小限におさえる

むし歯治療というと、イメージするのはドリルの嫌な音やきれいに磨かれた銀歯という方も少なくはないのではないでしょうか。現在は材料の進化により、このような古めかしいイメージのむし歯治療は、過去のものとなり、その考え方を大きく方向転換しています。現代のむし歯治療には、MI(Minimal Intervention=ミニマム・インタベンション 削る量を最小限に抑える)という大原則があります。

むし歯のコントロール

boy.gif 現在では虫歯の原因がほとんど解明されています。虫歯になる原因を知り、患者さんと歯科診療所が協力することで、虫歯をコントロールすることが可能となっています。虫歯になる前に是非一度、お口の中を正確に検査をすることをおすすめしています。当歯科医院でも歯を削る量は最小限に留めております。

むし歯の部分のみを削る

詰め物の接着性の向上から、ムダに健全な部分を削る必要はなくなりました。むし歯の部分のみを削り、詰めるということが可能になったため、より歯にやさしい治療ができるようになりました。当歯科医院でも歯を削る量は最小限に留めております。

再石灰化

むし歯も程度によっては、再石灰化し自然に治ることが言われるようになりました。初期むし歯は、あえて削ることなく、ブラッシングやフッ化物の塗布などを行ないながら、経過を見ていきます。

歯周病治療

歯周病の進行過程

正常な場合 歯周炎 軽度歯周病
中度歯周病 重度歯周病 歯周病末期

歯周治療は全ての土台

歯周組織は、歯を支えるものです。
歯肉や顎の骨の状態によって、全ての歯科治療は影響を受けます。歯周組織の安定、すなわち歯周病治療なしに、最先端の治療も、美しい治療もありえないのです。

歯周病の原因はプラーク

プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は、細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。当歯科医院では、歯周治療の一環として、歯みがき指導を行なってまいります。正しい歯みがきの方法、歯ブラシの選択、歯みがき剤の正しい使い方などをご説明いたします。

歯周病が進んでしまった方のために(初期・中程度)

歯周病の進行を止めるためには細菌の感染の除去が必要になります。そのためには専門の器具を使用して、歯の根っこについた歯石を除去する必要があります。必要なときには麻酔を行い、担当の歯科衛生士が歯石を除去していきます。

歯周病が進んでしまった方のために(重度)

歯周病が進み、骨吸収が重度に進んでしまった場合、歯科医師が炎症を起こしている歯肉をメスで切り取り、歯の根っこについた歯石をとる場合があります。

根気良い治療が必要

歯周病が骨にまで及んでしまう主な原因は、歯垢、歯石です。原因となる歯垢、歯石を除去し、適切な処置を行なうことで、かなり進んだ病状も回復する場合があります。指示を守っていただき、根気よく治療を続けることが必要です。

歯周治療は確認が必要

歯周治療の流れの中で、大きなポイントとなるのが評価です。
評価とは、治療の効果を判定することです。
基本的には、最初の診査と同様のことを行い、問題点が改善されたかをみていきます。

一般歯科

対談・連載中

  
  

当院をご推薦いただいております

患者様

歯科界

天羽 明惠

ソプラノ歌手

田渕 久美子

NHK大河ドラマ
「篤姫」「江 姫たちの戦国」脚本家

魚谷 雅彦

株式会社 資生堂 代表取締役

望月 俊孝

宝地図ナビゲーター
レイキティーチャー

中原 英臣先生

新渡戸文化短期大学
学長/医学博士

明田 征洋

カルビーポテト株式会社
前代表取締役 会長

咬合音声治療のご紹介