自信のある大きな笑顔のできる口元を

自信のある大きな笑顔のできる口元を

ADC(安藤歯科クリニック)の審美は、ただ見せかけの美しさだけではありません。
ADCの審美は生きている美しさを基本としています。
グレードの高い笑顔の口もとを演出することによって、
その人の運命をも変えてしまうのがADCのコンセプトなのです。

ADCがご提供する審美歯科治療が数分で簡単にわかる
ご紹介映像をご用意いたしましたので、ぜひご覧になって下さい。


安藤歯科クリニック 審美歯科治療紹介映像


なぜADCでは調和のとれた、美しいセラミックスの歯が作れるのか?

答えは最高の笑顔を演出するため、セラミックを作る前に"美術と彫刻"を徹底して
おこなうからです。
詳しくはページ上の症例ボタンをクリックしてご覧下さい、写真入で解説してあります。
読み物として、気軽にお読みください。

セラミックで前歯をつくる時に2通りのケースが考えられます。
歯並びは悪くなく、今までかぶせていた、さし歯やつめたものの色が悪い、
またはむし歯になっている場合。
このような場合は、大体の歯のかたちは今のままで、かぶせものを美しくすればすみます。

しかし中には、歯並びが大幅にずれていて、これをかぶせもの(セラミック)にすることによって、果たして患者さんが望むほど美しくなるのか・・・と、私達も迷うケースがあります。
この難しいケースも"歯並びをかえるケース"でわかりやすく解説しております。
どうぞ、ご自分に合うケースを選んで参考にして下さい。

例えば笑顔にはこんな種類があります。

1.ビジネス・スマイルライン(仕事上の笑顔)

基本的に、仕事で"いらっしゃいませ"のときのスマイル・ラインです。
口もとは小さくコンパクトにまとまり、ガム(歯ぐき)が大きく
露出することはありません。
審美歯科の一般教科書では、ここを基準にさし歯を作ることに
なっています。

2.ナチュラル・スマイルライン(くつろいだときの笑顔)

仕事が終わったあと、友達とおしゃべりしているときの
スマイル・ラインです。
ビジネス・スマイルラインに比べてガム(歯ぐき)が1.5ミリほど
露出します。
同じく、審美歯科の一般教科書ではここも考えるようにと書かれています。

3.ハーティ・スマイルライン(大笑いの笑顔)

仕事が終わって、くつろいでいるときに、冗談が受けたり、楽しくて
しょうがないときにしてしまう笑顔のことです。
お腹から笑ったときの笑顔ですね。
この笑顔のことは、残念ながら教科書にはまったく書かれていません。
これを院長の安藤は歯科界に提唱しています。

例えば、今までの教科書のように、おすまし状態のビジネス・スマイル・ラインのみが
調和がとれて美しく、大笑いしたときに不調和ならば、そして、それを知人に指摘されてしまったら、
一体どうなるでしょう?
"あなた、大笑いしないほうが素敵よ!"
もし、そうなってしまったら、その人の人生は、大笑いができなくなるかもしれません。
私達はその人が屈託のない、笑うのが楽しくてしょうがない人生を演出したいのです。

そのためにどんな内容の診療をしているのか、出来るだけわかり易くまとめてみました。
これを読んでくださったあなたと、縁あって出会えるその日を楽しみに致しております。

ADCスタッフ一同

審美歯科

対談・連載中

  
  

当院をご推薦いただいております

患者様

歯科界

天羽 明惠

ソプラノ歌手

田渕 久美子

NHK大河ドラマ
「篤姫」「江 姫たちの戦国」脚本家

魚谷 雅彦

株式会社 資生堂 代表取締役

望月 俊孝

宝地図ナビゲーター
レイキティーチャー

中原 英臣先生

新渡戸文化短期大学
学長/医学博士

明田 征洋

カルビーポテト株式会社
前代表取締役 会長

咬合音声治療のご紹介