中原英臣先生01

第2回 中原英臣先生

今回のゲストは、あのダーウィンの進化論にご専門の遺伝子理論から新しい光を当てた「ウイルス進化論」など、ユニークな視点による多彩な研究活動で知られる医師の中原英臣さんです。
中原さんの活動範囲はさらに医学の狭い枠を超え、今や科学的な英知の裏づけを持つ高邁な社会評論家としても、多分野に及ぶ鋭くユニークな発言がマスコミ等で高く評価されています。
この中原さん、実は安藤歯科クリニックとは浅からぬご縁があるのですが、対談はまず、その話題から始まりました。

劣等生の患者から優等生の患者へ

中原安藤先生は、実は私の主治医なんですよね(笑)。先生に歯を見ていただくようになってから、もう何年ぐらいになりますか。
安藤途中の空白も入れて通算すると、15年以上にはなるんじゃないでしょうか?
中原私の知り合いで、世間的にもかなり名前を知られているお医者さんがいまして、私の歯の調子が悪いというのを知って、安藤先生をご紹介いただいたんです。
安藤当時は東中野の駅を挟んで、現在の場所とは反対側で開業していました。
中原そのとき実にきちんと治していただいたんです。それでもう嬉しくてね。先生からは定期的にメンテナンスに来なさいと言われて、私もそのときは「よし、これからはメンテナンスも定期的にするぞ」と決心したはずなんですが(笑)、結局、放置してしまった。
医者の不養生というわけでもないのですが、確か8年ぐらいたってからでしょうか。歯が欠けたりして、またぼろぼろになってしまった。それでどうしようもなくなって、先生のところに来たら、えらく怒られました(笑)。「いったい、何をやってるんですか」と。
そこからきちんと治すのに1年半ぐらいかかりました。それからはもう肝に銘じて、ちゃんとメンテナンスに通っています。
安藤1か月おきぐらいに見えてますか。
中原そうですね。だから年に7~8回は通っていることになります。8年間も放置していたころとは180度違い、今は模範的な患者です(笑)。私はきちんと教育されると、優等生になるタイプなんですよ(笑)。
私も今年で62歳ですから、歯がこれから自然に丈夫になるなんてことはあり得ない。そのままにしておけば加齢とともに、さらにいろいろなことが起きることは明らかなわけで、だからきちんとメンテナンスしていただくということで熱心に通っているわけです。

歯科医師と同じぐらい重要な歯科衛生士の役割

中原ぼろぼろだった歯を治していただいたのは安藤先生ですが、私がいま1か月おきに通っているメンテナンスではもっぱら、歯科衛生士の殿城さんのお世話になっています。
安藤先生のところにお世話になるようになってわかったのは、歯科はもちろん歯科医の腕が最重要なわけですが、実はそれと同じぐらいに、患者への笑顔の応対も含めた、歯科衛生士のいろいろな意味での技量が重要なんですね。
安藤そうです。もう、おっしゃる通りです。
中原そういうふうにして、安藤先生や殿城さんの言うことをきちんと聞いて、優等生の患者の立場でずっと面倒を見ていただいていますからね。今日は対談のゲストという形で先生と対面でお話しているのがなんだか落ち着かないというか、とても違和感がある(笑)。
安藤でも、やはり最初の1回はメンテナンスに来ても、2回目3回目はなかなか来ないという患者さんはいますよ。幸いにウチの患者さんたちは、中原先生をはじめ優等生の方が多いからいいけど、メンテナンスは継続しなければ意味がないんですね。
中原安藤先生のところに優等生の患者が多いということについての理由は、それはもうハッキリしていると思いますよ。スタッフの対応が最高だからです。
安藤ありがとうございます。
中原私は今、1日に2回ずつ、それぞれ5分以上も時間をかけて歯をていねいに磨いていますが、人間ですからね、どこかやっぱり手抜きになるところがあるんです。すると体は正直ですから、その手抜きした部分がやっぱり悪くなる。
でもメンテナンスに来るたびに、殿城さんがそこを見つけてきちんと対処してくれる。さらに手抜きにならない磨き方とかをていねいに教えてくれる。すると次に来たとき、前回手抜きで出血していたところも「出血が止まっています。ちゃんとブラッシングが出来ていますね」と殿城さんが誉めてくれる。これがとても嬉しい(笑)。
安藤きちんとブラッシングが出来ていれば、歯茎の内側のポケットといいまして、歯周病などで骨が溶けて空間が出来ている部分ですけども、そこが治りはしないものの安定して、腫れも引いて、歯茎もきれいで健康的なピンク色を維持できるんですね。
中原だけど歯医者さんで誉められると、なんで、あんなに嬉しいのかなぁ(笑)。私も医者ですけど、医者にしても歯医者さんにしても、患者を誉めるということは、案外、やらないですよね。中には威張っている人もある。
安藤歯科の場合は、一般の医療以上に、患者さんの自覚といいますか、日ごろの心がけが重要になってきます。だから一緒に治療に参加してもらうという意識が強いですよね、こちら側にも。そういう気持ちが、きちんと言うことを聞いてくれる患者さんをつい「誉めたくなる」という習慣につながっているのかもしれませんね。
中原それが殿城さんをはじめとするスタッフに浸透しているというのは、でも、やっぱり先生の教育がいいんだと思うな。

第2回 中原英臣先生

対談・連載中

  
  

当院をご推薦いただいております

患者様

歯科界

天羽 明惠

ソプラノ歌手

田渕 久美子

NHK大河ドラマ
「篤姫」「江 姫たちの戦国」脚本家

魚谷 雅彦

株式会社 資生堂 代表取締役

望月 俊孝

宝地図ナビゲーター
レイキティーチャー

中原 英臣先生

新渡戸文化短期大学
学長/医学博士

明田 征洋

カルビーポテト株式会社
前代表取締役 会長

咬合音声治療のご紹介