田渕久美子氏01

第3回 田渕久美子氏

今回のゲストは、NHK大河ドラマ「篤姫」の脚本を手掛けた田渕久美子氏

究極の歯科医を探した苦難の旅路に終止符

--田渕さんは安藤歯科に、どのぐらい通われているのですか?
田渕間がぼこぼこと空いていますけど、ここ10年以上、何かにつけ通っています。
安藤そうですね。東中野で開院して今年で満20年目になりますが、その真ん中よりは前だったはずだから、もう10年以上になりますね。
--そもそものきっかけはどのようなことだったんですか?
田渕とにかく私は、歯に関しては子供のころから悩みぬいていまして、自分にとっての「いい歯医者さん」を常に求めていました。自分にとってのいい歯医者さんというのはどういう人なのだろうか。そんな人はこの世にいるのだろうか。どういう人と出会えればこの歯の悩みから解放されるのだろうか......。そんなことばかり考えていました。
それから自分はすごく怖がりなので、痛みというものに対して心ある人と出会いたい。患者の立場に立って、痛くない治療をしてくださる方にお会いしたいと。
もちろん技術がきちんとあって、単に痛くないだけでなく、常に最適な治療をしてくださって、ムードのいいところ......。つまり人間性のいい先生のところに行きたいと。
--究極のマイ歯科医、ですね。
田渕私はもともと、何に対してもものすごく欲の深い人間なんです(笑)。
中でも歯に関しては、悩みが深いぶん、そういう思いが余計に強い。それであちこちの歯医者を転々とし続け、自分にとっての本物の歯医者を探し歩いたのですが、それでも見つからない。
とうとう行き詰って、ある日紀伊国屋書店に行きました。そして「この巨大な書店に並んでいる膨大な数の本の中に、私が一生をかけて頼れる先生を教えてくれる本が必ずある!」と心に念じまして、それでぐるぐると売り場を回っているうちに、ポンと一冊の赤い本に出会って...。
『全国有名歯科医......』というようなタイトルの本でした。それで「ウン?」と何か惹かれるものを感じて開いたところ、安藤先生のお写真と記事があった。まずそのお写真を拝見した瞬間に、「あっ、この人だ!」と(笑)。もう直感ですよね。
人間性が全部お顔に現れていたので、この人なら信用ができる。まずそう思ったんです。そのあと、その紹介記事の文章を読ませていただいて、さらに......。
安藤「噛み合わせ」と「審美」についての説明があったはずです。
田渕そうです。その両方の文章を読ませていただいて、改めて「あっ、やっぱりこの人だ」と。でも、家から遠いなぁ。家から遠いけれども、そんなことを言っている場合じゃないなぁと。いったんこの人を信任した以上、とにかく行ってみようと。それで診療所のドアをとんとんと叩いたわけです。
--主治医を訪ねて三千里(笑)。
田渕ご本人にお会いしてみると、やはり予想通りの方で、ああ、この人だったら大丈夫だと思うと同時に、「やっぱり、私の直感ってスゴい!」と。(笑)。
それで私は自分の職業というのを普段は明らかにしないんですけれども、この人には自分の本当の状況、歯のことも日常の状況も含めすべてお話しして、全部知っていただきたいという思いがありましたので、最初の問診票に職業も書き、すべてをさらけ出して診ていただくようになった。それがそもそものきっかけです。
--歯科医と患者さんの相性というのは確かにありますね。
田渕そのときの私の心境としては、「この人だったら、治療の結果として歯がぼろぼろになるとか、何か大失敗して、とんでもないことになったとしても、絶対に後悔しない!」というほどの覚悟が持てた感じでした。それからはもう安心しきって、もうこれで歯医者さんを一生、あちこち探さないで済むと。
それがお会いしてから今まで10年以上の、私の変わらぬ思いです。
安藤私のところに来てくださる患者さんというのは、直感で選んでくれる人が割と多いみたいですね。ある別の患者さんからは「先生は失敗したら腹を切る覚悟でやっているでしょう」といわれたこともあります。実際、私はそのつもりでやっていますから。
だから田渕さんみたいに「失敗されてもいいという覚悟」で来る患者さんを裏切るわけにはいかないというのももちろんありますけど、それ以前に「失敗したらオレは腹切る」と常に思っています。そういう患者さんとそういう歯科医とは、不思議と邂逅するんだね(笑)。そういうことなんだなと、いま田渕さんのお話を聞いていて改めて思いました。
田渕なるほど。
安藤そこから最高の医療が生まれるんだと思う。

第3回 田渕久美子氏

対談・連載中

  
  

当院をご推薦いただいております

患者様

歯科界

天羽 明惠

ソプラノ歌手

田渕 久美子

NHK大河ドラマ
「篤姫」「江 姫たちの戦国」脚本家

魚谷 雅彦

株式会社 資生堂 代表取締役

望月 俊孝

宝地図ナビゲーター
レイキティーチャー

中原 英臣先生

新渡戸文化短期大学
学長/医学博士

明田 征洋

カルビーポテト株式会社
前代表取締役 会長

咬合音声治療のご紹介