「感染は絶対に起こさせない!」

安藤歯科クリニックでは、このような確固たる信念のもと、万全の感染予防対策に取り組んでいます。


近頃、新聞でも歯科の感染予防対策の不備が報道されています。
安藤歯科クリニックでは、設立当時より、「患者さん→患者さん」「患者さん→スタッフ」間の感染(水平感染)を防ぐため、最新システムを導入し、予防システムの構築を行ってまいりました。

日本での歯科臨床における院内感染予防対策は欧米に比べ遅れていると言われています。
とくに全ての患者に同じように対応するという「スタンダードプリコーション 安藤歯科クリニックでは患者さんが安全に治療を受けていただけるように院内・治療器具・治療機器などをより確実に院内感染予防対策として消毒滅菌しておりますので、安心して診療を受けていただけます。

ディスポーザブルのもの

グローブ、紙コップ、エプロン、ヘッドレストカバー、グローブ麻酔に使用する注射針、注射液、メスの刃など、患者さんごとに使い捨てのものを使用しています。交差感染を防ぐためです。

001.jpg 002.jpg

滅菌パック

003.jpg

ピンセットやミラーなどお口の中に入る器具は、洗浄・超音波・洗浄後、スタッフが1つ1つ丁寧にパックに入れて個別に滅菌します。
治療を行う際に患者さんの目の前で滅菌パックを開封します。

超音波洗浄機

004.jpg

たんぱく質などの細かい汚れに優れた洗浄除菌効果のある洗浄剤を使用しています。
超音波で器具の汚染物質を除去し洗浄した後に、滅菌処理を行っていきます。

滅菌器

005.jpg

器具の滅菌には、ヨーロッパ基準で最も厳しい基準をクリアしたクラスBの高圧蒸気滅菌器を導入し滅菌、滅菌後に紫外線殺菌庫で保管しています。
オートクレーブは高圧蒸気滅菌機の大きいサイズのもので基本セットなどの器具を主に滅菌します。
120℃以上の高温下で真空と蒸気・加圧を繰り返し器具の滅菌を行う機器です。毎回精製水を使い捨てることにより、清潔に滅菌処理を行うことができます。

006.jpg

プチクレーブは高圧蒸気滅菌機のミニサイズです。
短時間で滅菌できる機器です。

ガス滅菌機

007.jpg

エチレンオキサトガスというガスを直接流通させて微生物を殺滅します。
熱に弱い、ゴムのものプラスチックのものはガス滅菌機で滅菌します。

切削器具や歯の根の治療器具の管理

歯を削るドリルやバーも患者さんごとに滅菌して、患者さんごとに交換しています。

008.jpg 009.jpg 010.jpg
011.jpg 012.jpg

ユニット

013.jpg

患者さんの診療後にしっかり消毒を行い清潔な状態で次の患者さんをお迎えしています。

★滅菌のレベル★

感染を防ぐ方法として、3つのレベルがあります。

014.jpg

★お願い★

当院では感染対策に時間とコストをかけて取り組んでおります。
そのため、当日キャンセル・無断キャンセルはご遠慮下さい。
皆様のご協力をお願い致します。

対談・連載中

  
  

当院をご推薦いただいております

患者様

歯科界

天羽 明惠

ソプラノ歌手

田渕 久美子

NHK大河ドラマ
「篤姫」「江 姫たちの戦国」脚本家

魚谷 雅彦

株式会社 資生堂 代表取締役

望月 俊孝

宝地図ナビゲーター
レイキティーチャー

中原 英臣先生

新渡戸文化短期大学
学長/医学博士

明田 征洋

カルビーポテト株式会社
前代表取締役 会長

咬合音声治療のご紹介